2021年6月 2日 (水)

中高生クラブ再開のお知らせ

 

中高生クラブのみなさんへ

 

5月にはいって緊急事態宣言が発令され休止していた中高生クラブを

 

6月3日(木)から再開します。

 

再開にあたっては、新型コロナウイルス感染症対策を引き続き徹底して行います。

 

興望館が定める『館内への外部者の立ち入りについて』と『中高生クラブのルール』を必ず守ってください。

 

みなさんが元気に来館することを楽しみに待っています。

 

                                    興望館中高生クラブ

 

 

救急蘇生法研修…そして子ども達は消防車を見せていただきました!!🚒

毎年、年度のはじめに全職員を対象に蘇生法の研修を行います。

幸い、これまで必要になったことはありませんが、一年に一度、乳幼児・小学生ならではの注意点も教えていただきます。

コロナ禍でしたが、向島消防署にご協力いただき、全職員が参加できるよう体育館で2回に分けて実施しました。

改めて、子どもたちの安全といのちを預かる責任を実感する時でもあります。

Img_4656

Img_4659Img_4662

🚒そして終了後、お昼寝から起きてきた保育園の子ども達とちょうど学校から帰ってきた小学生は、

思う存分、消防車を見学させてもらいました。
Img_0409

Img_0424Img_0410

 

都内に20台だけが配備されている貴重な消防バイクは『クイック・アタッカー』と呼ばれ

首都高速道路の事故や災害現場などで活躍しているそうです。

 Img_0414

Img_0420Img_0422

 

向島消防署のみなさま、ありがとうございました!!

 

2021年5月14日 (金)

保育園でアルファ米を試食

本日の保育園のメニューはカレー。だけど、いつもと少し違うのは、アルファ米を使用したことです。

備蓄品として用意しているアルファ米は、災害が起きたらみんなも食べることになります。

子どもの舌は敏感です。少し食感が違うかもしれないけど、こういう機会に慣れておくと、いざという時、安心ですね。

 

5歳児クラスのホワイトボード

Img_0556

乳児用ミルクカレー

2

幼児用

1_20210514170301

備蓄アルファ米は大人50食分で1箱です。今日は2箱使用しました。

Img_9795 Img_9798

興望館のカレーづくりは、ルーをじっくり炒めるところからはじまります。

ごげないように、ゆっくり、ゆっくり。

Img_9800

さて、味はいかが?いつもと違うかな?

Img_0557

 

0歳児クラスの子ども達は離乳食です。アルファ米はもう少し大きくなったら…。

Img_4614 Img_4608 

Img_4606


画面にお花を添えるとさらに素敵…✨ 花壇のヤグルマギクです。

Img_9803

2021年4月 5日 (月)

春のお祝い、イースターです。

今年のイースター、キリスト教の復活祭は4月4日でした。

興望館保育園・学童クラブでは毎年、その前の金曜日に礼拝をし、一人ひとりがイエス様に大切にされていることを覚えます。

また、給食部では特製たまご型クッキーを焼いて、子ども達にプレゼントしています。

 

*特製クッキー

Img_9618

*1歳児礼拝

Dscf4336_20210405113601

*2歳児礼拝

Dsc00969

*3歳児礼拝

Img_6287

*4・5歳児礼拝

Dscf8571

*学童礼拝

Img_3902

 

 

 

 

 

進級を祝うコンサート~新日本フィルハーモニー交響楽団員による弦楽四重奏

3月30日、墨田区文化振興財団からのお声がけで音楽の贈り物をいただきました。

新日本フィルハーモニー交響楽団の弦楽奏者による”ふれあいコンサート”です。

子どもたちはバイオリン、ビオラ、チェロの響きに触れ、トトロやパプリカなどの楽曲は

一緒に歌ったり踊ったりして聞きました。

演奏会が終わったあと、「素敵だったね」「息が合っていたよ」とスタッフに教えてくれる

新1年生もいました。

Dscf8456

新1年生の歓迎ポスター


Img_3742 Img_9567





2021年3月 3日 (水)

保育園 ひなまつり🎎

昨日の嵐から一転、青空の中、ひなまつりのおいわいをしています。

Img_9225 Img_9232_20210303140801
  すみれ保育室                すずらん保育室



コロナ禍の今年、玄関先は送り迎えの人でにぎわうため、ホールに段飾りを置きました。

もみのき組の子どもたちに囲まれて、おひなさまも何だかうれしそうです。

Img_9240Img_9222
もみのき保育室(ホール)


給食はひなまつりの行事食。

Img_9219_20210303141401Img_9235

                       つくし保育室

例年のようなわいわいしたお食事はできませんが、みんな静かに五感で楽しみながら食べていました。

 

 

Img_9221

もみのき組さんは あと少しで小学生。

旅立ちの春はもうそこまでやってきていますね。

2021年2月25日 (木)

2020年度 ピアノ教室の発表会

2020年3月から6月まで4ヶ月にわたるレッスン休講期間を経て、7月からレッスンを再開しました。

発表会をどんな形であれ開催することを目標に、子ども、ご家庭、ピアノ講師、職員は

取り組んできました。

必要に応じてオンラインレッスンにも取り組んできました。

2月14日、23日、保育園年長児から大学生まで、興望館ホールに集まり

発表会を実施することができました。

来場の制限をし、オンラインによるリアルタイム配信という試みもありました。

力を合わせてみんなで実現することができた興望館ピアノ教室らしい発表会でした。

ご理解ご協力くださったみなさま、心より感謝申し上げます。

 

 

P2144105Img_2534   Img_2510Img_2536P2144128Img_3494_20210225155701



















2021年2月 2日 (火)

👹節分です👹

春を迎える行事、節分の集まりを保育園でも行いました。

感染症で思い通りにいかないこと、うつうつとすることがたくさんありますね。

今日は、子ども達と一緒に大人も楽しみました。

 

●4・5歳児と2・3歳児はそれぞれ時間を分けて、ホールで行いました。

みんなの中のいろんなオニを追い出そう!!

2323223_20210202160501

4545_2021020216050145_20210202160502

●0歳・1歳は保育室にオニが出張してくれました。

Photo_20210202160501

Photo_202102021604011_20210202160401

●学童さんは、オニが出迎えて検温です。

Photo_20210202160502

 

2021年1月25日 (月)

オンライン チャリティバザー 学童父母の会・興望館後援会より

興望館後援会よりお知らせです

こうぼうかんウィークの一環として、学童父母の会委員と保護者ボランティアのみなさんが

『手づくりのレッスンバッグ』や『寄付物品のフォーマルウェア(中古)』などを

現在の社会状況に配慮してオンラインバザーの形式で販売してくれます。

なお、このチャリティバザーの売上は興望館へ寄付され、公的資金の届かない

 以下の事業を支えるために使用されます。

①児童養護施設沓掛学荘から巣立っていく子ども達の自立支援のため

②体育館の維持のため

③海外からのボランティア受け入れのため

④キャンプ事業のため

⑤大学生ボランティア育成のため

 

_

 

【学童父母の会チャリティーバザー購入方法】

1.下記リンクより商品情報を閲覧できます。

・手作り学用品(レッスンバック・体操着袋・上履き袋)
https://drive.google.com/file/d/12R_NbeeNSpR0coc-e52pONYMbq7hW5jf/view?usp=sharing
・寄付品(中古品)
https://drive.google.com/file/d/1sNFaTe7z07HMMGrE_6Zz7m2lAGH6AGnZ/view?usp=sharing


2.学童の方は父母の会公式アカウントのトークから下記情報を送信下さい。

・購入希望の商品番号
・商品名
・お子さんの学年(保育園の方は組)/お名前

※学童父母の会公式アカウントに未登録の方
 個別に対応しますのでご相談ください。

※保育園の方は事務所に紙の申し込み用紙を用意しますのでご利用下さい。

3. 受付期間終了後、購入する方に
   品物のお渡しとお支払いに関してのご連絡をします。
 購入希望者が複数いた場合は抽選とさせていただきます

4.品物のお渡し日は緊急事態宣言解除後を予定しております。
 お急ぎの場合は個別に相談させていただきます。

開催期間
2021年1月23日(土)~ 2月5日(金)

 

2021年1月 7日 (木)

クリスマスご報告

新年がはじまりました。新型コロナウイルスの感染拡大が心配ですが、

保育園や学童クラブの子ども達は元気に来館しています。

 

沓掛学荘では今年はお客様を招くことをせず、職員と子どもたちでクリスマス礼拝を

おこないました。お正月はユニット(おうち)ごとになってしまいましたが、みんな元気に

おせちを囲み、新年を祝いました。

 

さて遅ればせながら、東京のクリスマスのご報告です。

興望館はキリスト教主義の施設として創立初期からクリスマスを祝っていました。

最初の記録は1923年。賀川豊彦氏のメッセージによる礼拝だったそうです。

「300人の地域の子ども達が参加し、クリスマスの聖書、祈祷、讃美歌、朗読、小劇と

お話しが行なわれた。また、女子学生の2部合唱を聞いている間、子どもたちは魔法に

かけられたようだった。歌がおわったとき、きらきらした子どもたちの大きな拍手が起きた。」

と記述されています。

 

今年は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、通常のような親子・地域の方々と祝う礼拝は

できませんでした。また、時間も短縮しました。それでも、それぞれの子どもたちが与えられた

役割に誠実に向き合い、クリスマスを祝う尊い時となりました。

 

☆0・1歳児クリスマス

Dscf2592Dscf2630

☆2・3歳児クリスマス

Pc110273Pc110440Pc110454

☆4・5歳児クリスマス

Pc180234Pc180400Pc180571

☆学童クラブクリスマス

Img_8645Img_8637_20210107125201

Img_8702

☆保育園のクリスマス行事食

Pc110497

«中高生たちの活動