2020年6月 9日 (火)

夏に向けて

 ここの所、夏日が続いておりますが、皆様体調はいかがでしょうか。

本日、暑さ対策の一環として、遮光ネットを設置いたしました。

今年の夏も、酷暑が予想されますが、工夫をこらして快適に

過ごせるようにしていきたいと思います。

 

Img_1790


 

 

2020年6月 5日 (金)

興望館職員おすすめ情報4 「子育てとマスク」(小島光洋先生)

 緊急事態宣言が解除され、通勤する人の姿も増えました。電車に乗っているとほぼすべての方がきちんとマスクをつけていますね。

 子どもたちも保育園や学校、学童クラブに通うようになり、集団生活がはじまりました。子どもたちのマスク着用については、日本小児科医会が「2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!」という見解も発表しています。保育園では、保護者の皆様にマスク着用をお願いしていますが、子どもたちについては強要をしていません。学童クラブでは、小学生にもマスク着用をお願いしています。これは、子どもたちが感染予防の方法と意味をしっかり理解し、実践することが長い感染予防生活において意味があると考えているからです。

 このような子どもたちの年齢に合わせた感染予防について考える一つの手がかりとして、当法人産業医の小島光洋先生による記事「子育てとマスク」のPDFを以下に添付しています。ご関心のある方は、どうぞ、ご一読ください。

 

「子育てとマスク」

ダウンロード - e5ad90e882b2e381a6e381a8e3839ee382b9e382afe3808020200525e382a4e383a9e382b9e38388.pdf

 



2020年5月28日 (木)

6月1日からの学童クラブについて(その2)

学童クラブ保護者各位

6月1日以降の学童クラブ開室について別紙(下記よりダウンロード可)の通り、

対応させていただきますのでご確認ください。

同じ書類を郵送させていただきますので、そちらでもご確認いただけます。

提出期限が6月1日までと短くなっており、申し訳ございませんが、期限までの提出にご協力いただきますよう

お願い申し上げます。現在、郵送物がお手元に届くまで時間を要する場合もあるようです。

ファイルをダウンロードしてご活用ください。

ご不明な点がございましたら、遠慮なく興望館までご連絡ください。

 

また、5月25日(月)15時59分に、学童クラブ宛てに返信いただいたメールアドレスへ

テストメールを送信いたしましたが、送信できなかったアドレスがございました。

5月28日(木)16時すぎにもメールを送信いたしましたので、

メールを受信されていない方は、メールが受信できるよう設定の変更・確認をお願いいたします。

 

 

下記より、ダウンロードください。

*新型コロナウィルス感染に関する6月1日以降の学童クラブの件【第9報】

ダウンロード - e38090e7acac9e5a0b1e38091e5ada6e7aba5e4bf9de8adb7e88085e59091e69bb8e9a19e20200528.pdf

*6月1日(月)~13日(土)の期間の利用申出書

ダウンロード - 6e69c881e697a5efbd9e13e697a5e381aee69c9fe99693e381aee5ada6e7aba5e382afe383a9e38396e588a9e794a8e794b3e587bae69bb8.pdf

 

 

 

6月1日からの学童クラブについて

学童クラブ保護者各位

 

各小学校からの分散登校のスケジュールや情報を収集しております。

すべての小学校からの情報が出揃い次第、調整を行います。

今後の対応につきましては、ブログ等でお伝えいたします。

 

また、5月25日(月)15時59分に、学童クラブ宛てに返信いただいたメールアドレスへ

テストメールを送信いたしましたが、送信できなかったアドレスがございました。

テストメールを受信されていない方は、メールが受信できるよう設定の変更をお願いいたします。

2020年5月23日 (土)

6月1日以降の保育について

保護者各位

興望館では、新型コロナウィルスに伴う緊急事態宣言を受け、感染拡大防止に努めております。

5月末で宣言が解除されることを想定し、6月1日以降の対応を協議しております。

対応の内容は文書にまとめ、保護者の皆様宛てに今週末発送予定の「園だより」等とともに

郵送にてお送りいたしますので、詳細については、そちらをご覧ください。

2020年5月15日 (金)

興望館職員おすすめ情報3「脱水と熱中症の予防」(小島光洋先生/興望館産業医)

興望館職員おすすめ情報3(20200515) 「脱水と熱中症の予防」(小島光洋医師/興望館産業医)


5月末まで延長された政府の緊急事態宣言は、地域によっては解除されましたが、東京・千葉・神奈川・埼玉は今もまだ継続中です。
興望館ではこれまで通り、保育園と学童クラブで特別保育を行っています。在宅勤務や在宅保育の長期化に伴うお悩みや疲れを覚えておられる方もおられるご家庭もあると思います。皆様、くれぐれもご自愛ください。何かお困りごとがあれば、ご遠慮なく当館へご相談ください。(★) ★Tel. 03-3611-1880(受付日時 平日 9:30-17:30)

当館は、皆様お一人おひとりのいのちと健康が守られるようにお祈りしつつ活動を続けてまいります。

興望館は、日々、新型コロナウィルス対策本部会議で対策を練り、感染予防と保育活動に従事しています。今週に入り、暑さ対策や熱中症予防への対応も必要になってきています。興望館では今後、暑さ対策の一環として、状況に応じて「サージカルマスク/ウレタンマスク/透明マスク/布マスク」の使い分けをしながら、保育を実施していきます。当館産業医の小島光洋先生より参考情報を頂きましたので、ご紹介します。

【参考情報】「脱水と熱中症の予防」(作:小島光洋先生/興望館産業医)

ダウンロード - e884b1e6b0b4e381a8e786b1e4b8ade79787e4ba88e998b2efbc88e88888e69c9be9a4a8e794a3e6a5ade58cbbe38080e5b08fe5b3b6e58589e6b48be58588e7949fefbc892020200515.pdf

 

 

2020年5月 9日 (土)

親子の時間に見てみよう ~ 興望館職員おすすめ情報サイト2

お家で過ごそう!から2か月。新型コロナウイルスに関連した運動遊びの情報がたくさん出てきています。

4月の園だよりでは、興望館の体育遊び講師、嵯峨先生の体操をご紹介しましたが、ご家庭でチャレンジされましたか?

4月30日の毎日新聞には、「ひろみちお兄さんが紹介」という、親子体操の記事がありました。

https://mainichi.jp/articles/20200427/k00/00m/050/205000c

新聞記事には自宅で実践できる運動や遊びの情報サイトの紹介もありました。☆

 

国立成育医療研究センターのホームページには、「新型コロナウイルスと子どものストレスについて」という情報サイトを公開しています。

リーフレットのほか、子どもにわかりやすい動画や親子遊び情報へのリンクが紹介されています。

https://www.ncchd.go.jp/news/2020/20200410.html

 ♬絵が入っていて、かわいいリーフレットが5種類 

 ①ご家族向けリーフレット

https://www.ncchd.go.jp/news/2020/dd84f28dbe11f027103bd3e89cb329a547cfac36.pdf

 ②ご家族でできるストレスコーピング

https://www.ncchd.go.jp/news/2020/d87c94efa75dede6e54ef2faf38c0b916a05a24d.pdf

 ③子どもとできるセルフケア

https://www.ncchd.go.jp/news/2020/0acf48f6afa2b9af77e971502f2091248666607b.pdf

 ④リラクゼーション

https://www.ncchd.go.jp/news/2020/6faff78c4550746f93e6425d8b4d572773f4bb77.pdf 

 ⑤お子さんの成長に応じたケア

https://www.ncchd.go.jp/news/2020/a3a812f385f7a4d77fa4f8c0bb30d77ec846d36f.pdf

 

☆運動や遊びの情報サイト☆

<スポーツ庁>子供の運動あそび応援サイト

https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop03/list/detail/jsa_00012.html

<日本スポーツ協会>アクティブ・チャイルド・プログラムの紹介

https://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/acp/hogosyakodomo.html

〈文部科学省委託 親子元気アップ事業パンフレット ~ おやこでタッチ〉

https://www.recreation.or.jp/kodomo/download/pdf/oyako_de_touch_final.pdf

親子遊びを楽しむ 2 ~ 一緒にいる大人が子どもたちの好奇心を満たしてくれる! 乳幼児の運動遊び

4月の園だより、地域活動だよりでご紹介した小島先生おすすめの「親子遊び」第2弾です。

**********************************************************

親子遊び(祖父母や兄弟姉妹などとの家族遊びも含めて)の大事な役割に、コミュニケーションがあります。

特に3歳前後までは、こどもは家族との関わりを通じて自分の周りの世界を広げていきます。

家族のことを身内と言いますね。こどもにとって家族、特に母親は、最初は自分の一部ですが、

親子の関わり合い(遊び)を通して、自分ではない他人と考えるようになり、そこを糸口にして周りの世界が

見え始めてきます。

こどもにとって身内のおとなの身体は、格好の目標です。好奇心の対象です。さわったり、ぶつかってきたり、

乗っかったりします。そのとき、おとなはどうするでしょうか?

きっと自然に受け止め、抱きしめ、少しじゃれてから、“そぉーっ”とこどもを自分の身体から離すと思います。

こどもが手を伸ばせば届く距離に。

“そぉーっ”との加減に少し緊張しませんか? 多分、それはおとなからこどもへの大事なメッセージだからです。

「あなたといつも一緒、でもあなた以外の人なのですよ」と。“おとなの身体”、それはこどもにとって、

「生涯でこのときしか経験できない“遊び道具”」なのです。

********************************************************************************** 

こどもを”そぉーっ”と離すときに、運動能力の発達段階に合わせてみる

乳児期・・・周りへの好奇心が身体の基本を作る 

・うつぶせの姿勢を喜ぶ  2ヶ月

 うつぶせは親の目の届くところで(最初のうちはお腹の上で)

・寝返り(仰向けから横にゴロリン) 5ヶ月から7ヶ月

 最初は、左右反対側の手で何かを取ろうとする。

 勢いが付いてくると、横向きになり、さらにうつぶせの姿勢まで回転する。

 ・四つん這い  8ヶ月から9ヶ月

 うつぶせから、上体を起こし、這い始める。

 何かを見ようとし、見つけたものを取りに行こうとする。

 ・自分でお座り  10ヶ月

 上体を起こし頭を高くして、たくさんのものを見ようとする。

 四つん這いで腹筋や背筋が強くなってくるので、上体起こしからお座りができる。

 「高い、高い」を喜ぶ。(腋の下から持ち上げる。手首を持ってぶら下げる。)

 ・つかまり立ちから一人歩き  12ヶ月から13ヶ月

 

幼児期・・・未知の姿勢、動きや感覚を楽しみながら身体の使い方を覚える

      (不安定さ、浮遊感、回転、落下)

 ・横歩き・後ろ歩き  1歳半

 ・ボールけり、段差を上がる  2歳

  脚を動かすことで道具を操作したり高さを獲得できることを覚える。

 ・片足を先に出して台から降りる  2歳3ヶ月

  踏み台に昇っては降りることを楽しむ。

  2歳半くらいになると片足でのバランスもよくなって、階段を降りることができるようになる。

 ・両足でジャンプ(ピョンピョン)  2歳4ヶ月

 ・細い台の上に立つ  2歳半

  道路の縁石の上を歩きたがる。

 ・両足を揃えて台から飛び降りる  3歳

 ・片足でピョンピョン  3歳5ヶ月

※集合住宅などにお住まいの場合は、運動遊びの際、周囲に配慮して行いましょう※

2020年5月 1日 (金)

親子の時間に見てみよう ~ 興望館職員おすすめ情報

保育園や学童クラブに通う親子にとって、この時期はいままでになく、

親子が共に過ごす時間の長い時だと思います。

そんな時間の彩りや助けになればと、興望館職員おすすめの情報をいくつか

紹介します。

*******************************************************************************

1. 「大人と子供のための読みきかせの会」インフォメーション

  女優でエッセイストの中井貴惠さんが代表を務める「大人と子供のための読み聞かせの会」が

 在宅の親子支援のため、公演動画を無料で公開しています。

 公演(↓4作品)動画公開 520日まで延長

  『はなさかじいさん』『おかあちゃんがつくったる』『おじいちゃんがおばけになったわけ』

  『はだかの王様』

http://www.konsuke.com/information.html

「大人と子供のための読みきかせの会」サイト

http://www.konsuke.com/about.html

 

2. アウトドアメーカーによる間違いさがし

  この度、コールマンジャパンでは、長い時間を自宅で過ごす子ども達に楽しんでもらいたいと思い、

「間違い探し」ゲームをご用意いたしました。

「やさしいバージョン」と大人でもちょっと難しい「激ムズバージョン」の2本立てです。

 \コールマンからの挑戦状/ 間違い探し♪

 =やさしいバージョン https://www.coleman.co.jp/columns/workshop/c043312/

 =激ムズバージョンもあるよ! https://www.coleman.co.jp/columns/workshop/c206331/

 

3. 同じくアウトドアメーカーによる工作の紹介

 ~ おうちでつくろう! ダンボールクラフトランタン~~

   小さなお子さんだけでは作るのが難しいので、塗り絵はお子さんが、大人やお兄さん・お姉さんが工作を・・と

 一緒に作ってみてください。今は外遊びができなくても、このランタン工作で少しでもアウトドア気分を楽しんで

 もらえたらと願っています!

▼型紙データ/作り方はこちらから

https://www.coleman.co.jp/columns/workshop/c045635/

 

4. おうちでJUMP-JAM ~ 「アレンジじゃんけん」

 おうちでJUMP-JAM YouTube https://youtu.be/O_YiLvgW9HM

※集合住宅などで運動遊びを行う場合は、周囲に配慮しましょう。
※JUMP-JAMは興望館学童クラブでも実施している運動遊びプロジェクトで、
 各地の児童館が取り組んでいます。

************************************************************************************

新型コロナウイルスに関する情報 

WHO(世界保健機関)から出ているHealthy Parentingというプレゼンテーションの資料を有志の方々が翻訳し、
日本風にアレンジして少し手を加えたものだそうです。

☆新型コロナウイルスから子どもの心を守る。WHOから世界中の保護者たちへ。

https://covid-19-act.jp/parenting-who

 

WHOホームページの原文

https://www.covid19parenting.com/

親子遊びを楽しむ 1 ~身近なもので遊ぼう!

4月の保育園だより、地域活動だよりでご紹介した小島先生による親子遊びの紹介です。

この連休中、試してみてはいかがでしょうか。

**************************************************************

こどもは好奇心のかたまりです。周りにあるいろいろなものに手を伸ばして、目が離せません。

いったいどんなものに興味を持つのでしょうか? 

初めて見るもの、形や色が変わるもの、動くものなどですね。

こどもが水遊びが好きなのも、掬ったり飛ばしたり注いだり、手を加えればいろいろなことが

できる水の不思議な性質があるからです。

こどもは自分の予想と違うものに反応します。知らないものを探りながら世界を広げていきます。

身の回りのものを遊具にするコツは、予想のつかない動きをするものや見たことのない形を用意

してあげることです。

 

今回は、新聞紙や折り込みチラシを使って遊び道具を作ってみましょう。

 

新聞紙を使った遊具

         丸めてテープで留める筒はそれだけでも面白い道具です。

          筒を組み合わせていろいろな遊具を作ることができます。

          △、□、三脚、トンネル、家

かみてっぽう    折り紙   https://www.origami-club.com/newspaper/pistol/zu.html

         折り紙   https://www.origami-club.com/newspaper/gomibako/zu.html

       折り紙   https://www.origami-club.com/newspaper/kabuto/zu.html

マント ポンチョ  新聞紙に穴を空けてかぶる

しっぽ 腰みの   新聞紙に細く切れ目を入れる

 

新聞紙を跳び越せるかな!  新聞紙のサイズを利用する 

  二つ折り 54cm×40cm  対角線67cm

  見開き  80cm×54cm  対角線97cm

 ※集合住宅などにお住まいの方は、周囲に配慮して行いましょう※

 

個人差がありますが、両足ジャンプは2歳前後に習得します。

2-3歳の時期は、台から飛び降りる、障害物を跳び越すなどの動作を覚えて、跳躍力が急速に伸びます。

4歳では開いた新聞の長辺を跳び越せるようになります。縄跳びを覚えるのも年中児のクラスにいるときです。

****************************************************************************  

参 考: こどもの跳躍力(2010年東京都中野区調べ)

 年中児 男90-100cm(前半89cm 後半100cm)

     女 85-90cm (前半86cm 後半91cm)

 年長児 男105-115cm(前半107cm 後半116cm)

     女100-105cm(前半98cm 後半105cm)

****************************************************************************

新聞紙折り紙の折り方は以下からもダウンロードできます。

ダウンロード - e7b499e381a6e381a3e381bde38186.pdf

ダウンロード - e38194e381bfe7aeb1.pdf

ダウンロード - e3818be381b6e381a8.pdf

     

«興望館 保育園/学童クラブの休園/休室期間の延長(5/11-31)【第7報】